bottle letter

アクセスカウンタ

zoom RSS プロヴァンスの旅3ー1 カルパントラ

<<   作成日時 : 2012/09/21 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カルパントラ

楽しみにしていた
カルパントラ朝市の日です。

午前9時に出発、Tさんに送ってもらい、
マルシェの入口に到着。
まだ早い時間なので、混雑もなく、
散歩気分で歩けます。
大きなプラタナスの木漏れ日のなか、
お店を眺めては立ちどまり、うきうきと、
花から花への蝶々の気分です。
画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

オリーヴや蜂蜜などの食品、テーブルクロスにナプキンや食器等の雑貨、あらゆるお店が出ています。(写真はないのですが)石鹸屋さんはいくつもあって、いっぱい買ってしまいました。ラヴェンダーをはじめ、色々なハーブの石鹸があり、爽やかな、また甘い香りを通りいっぱいに漂わせています。
買いすぎた石鹸は意外に重く、マルシェかごを買いたかったのですが、大きすぎて帰りのトランクのことを考えると、押さえつけてぺちゃんこにするのもイヤなので、諦めました。

ここも、アヴィニョンのように、
人の流れに任せれば戻れるかと思いきや、
街中がマルシェだったので、地図を持っていましたが、
どこにいるのか分からなくなってしまいました。
迷路の中、ようやく大通りに出たのですが、
道が放射状に広がっていて、
手元で地図をどれだけ回しても、方向がつかめません。
道を渡るたびに人に尋ね、
たくさんの親切な人に助けてもらいました。
挨拶とお礼をしっかりフランス語でして、
後はしどろもどろの英語です。
それでも何とか通じたのは不思議です。
風の吹く、汗とは無縁の晴れの日でしたが、
冷や汗をいっぱいかいて、
ようやくTさんと待ち合わせの場所に
もどることができました。

スカラベでひと休みしてから、マザンのオリーヴオイル、
ヌガー、ワインの製造直売所に案内してもらいました。
画像
オリーブオイルは、マダム・シルビィのお店。フルーティなソフトタイプを缶で購入。タプナード(オリーヴのペースト)とラヴァンディン(洗濯・入浴剤用)の精油もゲットです。
画像画像






ヌガーのお店は、好きなだけ自分で詰めて買えます。カルパントラで買えなかったベルランゴという飴やカリソン、クワン(マルメロのゼリー:プロヴァンスの羊羹とTさんは言っていました)もありました。

ヌガーは、蜂蜜と砂糖と卵白を練った生地に、
アーモンド等のナッツを混ぜ込んだ、食べる飴です。
昔の日本の(歯にくっつく)ヌガーとは全く別物です。
甘くはあるのですが、生地よりナッツの方が多く、
特にオリーヴのヌガーは、軽い塩味と相まって、
辛口のワインやウィスキーのおつまみにもいいかも…
甘すぎない大人のおやつです。
画像
ワイン醸造所で、ロゼワイン;TERRESを
試飲して、買いました。
綺麗なピンク色で、軽く、柔らかで
私の好みです。
どんな料理とも合いそうですし、
ワインだけでも、後口がよく、
渋みもなく、いい感じに香りが抜けていきます。
AOC VENTOURで、
オランジュコンクールで銀賞を受賞、
ヴァントーに期待のワインです。

画像画像

ヌガーのお店の近くを少し歩きました。
教会の敷地内に、民家があります。
外壁は中世、内はどのように改装されているのでしょうか。

画像画像



近くのスーパーUに立ち寄りました。(写真は平たい桃;Tさん曰く、ぺチャもも)
カマルグ湿原の粗塩やハードタイプのチーズ、ハーブを買って帰宅。
まるでここに住んでいるかのような午後のひと時でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロヴァンスの旅3ー1 カルパントラ bottle letter/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる