bottle letter

アクセスカウンタ

zoom RSS プロヴァンスの旅4−2 マザンの町

<<   作成日時 : 2012/09/26 14:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

写真を撮りながら、1時間ほど歩きました。
画像画像画像画像
















マザンの町の入口には、水場(共同洗濯場)の跡。
その奥にはお城のような、立派なホテルがありました。
町は教会を中心になりたっています。
教会から放射状に延びた外周の道に沿って歩いてみました。
画像画像画像
画像
画像
画像
画像画像画像








みんなお休みのようで、
パン屋さんと3店(野菜、果物、チーズ)
のマルシェで、人を見かけました。
石造りの建物(2,3階建て)がぴっちり立ち並び、
雰囲気がそれぞれに違う窓辺が並んでいます。
内側が改装された共同住居(アパート)のようです。
ピザ、中華、カフェ等の飲食店、パン屋、本屋、酒店と、
ひと通りのお店が道沿いに並んでいます。
大きなアーチ型の石門の奥にも住居がありそうです。
石畳の細い路地が垣間見えます。

ふらふらと歩きながら、
アン・タイラーの小説を思い出していました。

(ある主婦・母である女性が、ふとしたきっかけで、
見知らぬ町に足を止めます。
偶然にも貸し部屋の広告があり、
居場所をつくり、手持ちのお金で買い物に出ると、
一人分の食器と読書ランプと少しの着替えが揃います。
食事をしているうちに陽が落ち、
夜の眠りの後には、朝が訪れ、
町を歩いていると、求人の貼り紙に目がとまり…)

休日の静かな小さな町は、空想を誘い、
お話の舞台になりそうな感じがします。

路地に入ると迷いそうなので、
ひと回りして戻りながら、
昨日のスーパーUに寄るつもりでしたが、
また迷ってしまい、
誰かと一緒なら引き返す勇気も出たのでしょうが、
暑すぎて断念、野に続く道を戻りました。
画像画像画像画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロヴァンスの旅4−2 マザンの町 bottle letter/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる