bottle letter

アクセスカウンタ

zoom RSS プロヴァンスの旅B面ー雑記

<<   作成日時 : 2012/10/09 12:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

プロヴァンスの紫外線は強いですが、
日除けの長袖やましてや手袋をしている人はいません。
帽子もおしゃれキャップを少し見かけるくらいで、
サングラスはしていても、日傘は皆無です。
陽光に対する考え方の違いは明瞭で、
南仏で「帽子をかぶっている東洋人は日本人」
と言われているそうです。
気にしない人にはどうでもいいことですが、
今の日本の真夏の紫外線対策の姿は、ここでは異様です。

フランスでは、年間5週間の有給休暇が保証されているそうです。
毎年、たっぷりの陽光を満喫するヴァカンスを楽しみ、
充実した年を重ね、
人生を豊かに過ごしている証となるシミとしわ。
アンティークを尊重する精神と、
どこか通じるのところがありそうな気がします。
新しいものが好きで、
白くてシミ・しわのない肌を美しいとする
日本とは大違いですね。

フランス語の準備に楽しめたのが、
酒巻洋子著「マルシェでフランス語」(三修社)です。
マルシェ以外にも、散歩、カフェ等もあり、どれもお薦めです。
会話のCDも聞きましたが、話すのはカタコトでできても、
実際には、聞き取れませんでした。
勉強不足はわかっているのですが、
それにしてもと落ち込む私に、
10年パリで暮らし、マザンに移ったT氏は、
プロヴァンスのフランス語は、
パリとは違いますからね…ということでした。
努力はあまり実りませんでしたが、
語学は学生時代を思い出したりして、楽しかったです。

プロヴァンスの食卓」(レスリー・フォーブス著)は、
プロヴァンス地方特有のの食べ物について、
見ているだけでも楽しくなる絵とともに、紹介されています。
南仏プロヴァンスの家庭料理ノート」(パトリス・ジュアン)
チーズ図鑑」(文藝春秋社編)は、
料理、ワイン、チーズを識る上で、とても参考になりました。
南仏プロヴァンスのハーブたち」(広田靜子著)は、
ハーブの情報が満載です。画像

ピーター・メイル
の「南仏プロヴァンスの12ヶ月」から始まるプロヴァンスものは、その土地や人への興味をそそられる話ばかりで、読み始めると止まらなくなってしまいます。

宿泊した「スカラベ」については、HPを見て下さい。
マザン周辺のあらゆる情報が提供されています。
本当に助かりました。
ひとり旅を気遣っていただき、
いろいろな話を聞かせてもらいました。

プロヴァンスの絵を気にしていたら、
印象派の名画はなぜこんなに面白いのか」(井出洋一郎著)
という文庫本を見つけ、文字どうり面白く読んでいます。
…日光の強いプロヴァンスでは、紫外線が多いので、
が濁らず透明に見える。
その反対(補色)の黄色も雲=水蒸気が少ないから
赤みが取れて純粋なレモン・イエローになる。
…とのこと。
画家がプロヴァンスの光に魅せられた気持ちが
わかるような気がしました。
オルセー美術館に行きたい!!!

旅行から3ヶ月、夏の後ろ姿と秋の気配です。
プロヴァンスの秋はどのような景色でしょうか。
夏はラヴェンダーだけだけれど、
春と秋には色々な種類の花が見られるとのことでした。
秋はオリーヴの収穫もあり、
フレッシュオリーヴも美味しそうですね。

写真の整理もついたので、
そろそろ衣替えと、荒れ放題の庭を何とかしなくては。
心を日常に戻して、
深呼吸です。

(拙い旅行記を読んでいただき、ありがとうございました。)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらでは、はじめまして
素敵なブログですね。

プロヴァンスの旅、素敵だなあ。
またじっくり拝見に参ります。

これからもよろしくです^^
みっこ
2012/10/13 15:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロヴァンスの旅B面ー雑記 bottle letter/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる