bottle letter

アクセスカウンタ

zoom RSS マルセイユ・地中海

<<   作成日時 : 2014/08/03 17:38   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

到着時の気温が14度、肌寒く曇天のパリでしたが、
リヨンあたりから晴天に変わり、
アヴィニョンは快晴。重いトランクを預け、Tさんの笑顔と、
「リュックは肩から外して手持ちにしてね、いってらっしゃい!」
の言葉を受けて、TGVに再乗車。
マルセイユまでの30分、どんどん青空が濃くなっていきました。画像画像

終着駅のマルセイユで降りた乗客のほとんどは、
大きな荷物とサングラス姿です。
眼の痛くなるような日差しが降り注いでいます。



14日はフランス革命記念日でした。この日の夜、マルセイユの港では、盛大な花火大会があるそうです。
画像画像画像














特別な日であることを知らずに人の渦に入ったために、
あ〜!!、ハプニングの連続でした。

ハプニングを乗り越え、ようやく乗船した遊覧船。

<地中海を見たい>という第一希望だけは叶いました。
画像

画像

遊覧船は高速ジェット船なみに飛ばします。
波も高く、1階のデッキに出ている人は皆んな、水しぶきを浴びて、大はしゃぎです。

かき上げられた海水は、思った以上に磯の香りがしました。

イフ島は、デュマの小説「モンテ・クリスト伯」の舞台になった、
囚人の牢獄島です。
波の高い日は下船できません。
画像

そして、フリウル島。
島全体に照射される日差しが、
白い膜を張っているかのように見えます。

画像

船着場近くの小さなマンションに、
貸し部屋の看板が見えます。
海岸沿いにカフェやレストランがあり、
島を1周する馬車もあるそうです。
(ここで船を降りて、ひと回りする予定でしたが、
乗船前のハプニングで、時間を失ってしまいました(´;ω;`)
画像画像









戻りの航路は、イフ島には寄らず、マルセイユに向けて一直線。
船内から出て、2階のデッキに上がり…帽子とサングラスと引き換えに…

太陽の下、
瑠璃色の地中海と真っ青な空、
空に浮かぶ真っ白な雲を眺めながら、
潮風に吹かれました。
画像

画像


画像画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マルセイユ・地中海 bottle letter/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる