bottle letter

アクセスカウンタ

zoom RSS 静かな時間

<<   作成日時 : 2016/12/16 14:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像画像
画像

午前7時から朝yogaが始まる。
陽が昇る前のうすら明るい景色の中を歩く。

ぽたっ…ぽたっ、と雫の音がする。
雨が降っているような……けれど乾季のインドに雨は降らない。

夜露が雫となって木々や葉を伝い落ちてくるらしい。
最高気温30℃、最低気温10℃の産物。
乾季の恵みをぽつぽつ受けながら、
大石、小石の敷きつめられた道を向かう。

さくっ、さくっ、かたっさくっ…
足裏の固く丸い感触。
石の擦れる柔らかい音が、耳に心地よく響く。

寒いけれど、地熱と夜露の雫を含んだ湿気があるので、
空気がひんやりしているだけで、底冷えではない。

馬や牛達のなき声と追う人の声を遠く聞きながら、
yogaの時間が始まる。

外の世界から切り取られた静かな場に身を置く。
呼吸をしている体を確かめながら、動く。
体温が温まり始めた頃、朝日が差し込んでくる。

体とともに呼吸が伸び、
呼吸が体の内側を広げてゆく。

力を入れている体の内側が緩んでくるのを感じていると、
意識が体の中に吸い込まれてゆく。

今だけに、その時だけに、
心と体のベクトルが向いてゆく。

心地よいと感じている<私>は、大きなドームの中で寛いでいる。

画像

画像
画像
画像

画像

画像


夜のyogaは夕食の後、午後8時ごろから1時間ほど。

ヨガニードラ、マントラやキルタンで過ごす。

先回のリトリートで初めてニードラを受けて、驚いた。
体中の力が抜けて、身体が意識ごと沈んでゆく。

大地と天空の間に身体を横たえて、投げ出して、
手足の指先から丁寧に意識して力を抜いてゆく。

手法としては、自律神経訓練法の誘導に似てはいるが、
宇宙や自然との結びつきを体の内側に意識しながら、
自分の身体を消してゆく感覚が気持ちいい。

眠りに落ちそうなところで留まっている時の、夢うつつ、
境目の不思議な感覚は、意識・無意識の境界とも…思える。
ただ見つめている。

そして、サンカルパ
意志、決心、目的、願望を心の中で表明する。
この状態での暗示は潜在意識に深く入り、成就すると言われている。

先回、ニードラを知らず曖昧になってしまったサンカルパを、
心に描く。

画像


Gayatori Mantra

Om Bhur Bhuvaha Swaha
Tat Savitur Varenyam
Bhargo Devasya Dhi Mahi
Diyo Yonaha Prachodaya








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
静かな時間 bottle letter/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる