bottle letter

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンジス川

<<   作成日時 : 2016/12/20 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



アナンダ・ロークから眺めるガンガは、大空の碧と山々の緑を映し、
エメラルドグリーンの鏡面となって、緩やかに滔々と流れている。

ロークから出かける時とは別の、
人ひとりがやっと歩ける程の裏道を下ってゆく。
岩を踏みしめていた靴底が沈み、
柔らかい砂地に着地。

ガンガの全く別の表情に出会う。




湧き上がる水流がうねり、重なりあい、轟々と音を立て、
何かを押し流すように、激しく流れてゆく。
河岸には、急流の勢いで波が打ち寄せている。

澄んだ水は、足先が痺れるほど冷たい。


<…天界のガンジス川が、シヴァ神の頭上で受け止められ、
結い上げられた髪から流れ落とされた……>

横たわる水流の底知れないパワーに、
ただ畏怖の念に胸をつかれ、立ちつくす。


川岸に座り、マイナスイオンのシャワーを浴びながら、
キルタンを詠う。
M先生のシュルティボックスの音が、砂地を伝って体に入ってくる。
その振動は骨盤から静かに上昇し、背中や胸をほどき、喉を楽にしてくれる。

小学校に入学したばかりの頃の音楽の時間。
…私は歌が好きだった…んだ。

水流の音、ボックスの振動、声以外、何もない。
目を閉じて、聞く…感じる…聞いて……感じるだけ。

画像



画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンジス川 bottle letter/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる